スポンサー
コスメ研究

【香水の大きさの違いは?】15mlと30ml、100mlのメリットとデメリットを解説!

スポンサー
【香水の大きさの違いは?】15mlと30ml、100mlのメリットとデメリットを解説!
スポンサー

香水を買う時に、「どのボトルサイズを買うのがいいか?」と悩む方は多いはずです。

  • 「頻繁に香水を使うから、100mlを買おうかな?」
  • 「どんな香りか知らないから一旦、15mlを買いたい!」

など選択肢は人それぞれ。

香水のサイズ別でみたメリット・デメリットは以下の通りです。

15mlサイズのメリット15mlサイズのデメリット
香り成分が酸化しにくい  すぐ使い切ってしまう
価格が安い100mlの3~4分の1の値段なので、容量分お得ではない
持ち運びやすい簡素なデザインが多い
30mlサイズのメリット30mlサイズのデメリット
程よく使い切りやすいサイズ容量が減ると香り成分が酸化しやすい
中価格帯なので、多くのユーザーが手が届く100mlの1.5~2分の1の価格なので、容量で考えたらお得ではない
おしゃれなデザインが多い
100mlサイズのメリット100mlサイズのデメリット
たくさん使える香りが酸化しやすい
容量で考えたら一番お得価格が高い

サイズごとにメリット・デメリットが異なるので、あなたのライフスタイルに合わせたボトルサイズを選びましょう!

スポンサー

15mlサイズの香水の特徴は?

15mlサイズのメリット

15mlサイズの香水のメリット

15mlサイズは香水のなかでかなり小さいサイズで、手のひらに収まります。メーカーによって異なりますが、そのメーカー製品のうち、最小サイズをお考えください。

持ち運びに最適でカバンにすっぽりと入るので、お出かけのや好きな人と会う時のエチケットとして、1本持ち歩いている方も多いでしょう。

また、容器内の空気と香水が触れる面積が小さく、香り成分が酸化しにくいのもメリット。ちなみに香り成分が酸化すると以下のようなことが起こりえます。

  • 香り自体が薄まる
  • 持続時間が短くなる
  • 違った匂いに変わる

香り成分が酸化することは、香水の価値を大きく失います。よって、15mlサイズは香り成分が酸化する危険性が最も少ないです。

また、15mlサイズは低価格の場合が多いので、「詳しく香りを知らないけど試してみようかな。」と思うなら15mlサイズから始めましょう。

15mlサイズのデメリット

出典:amazon

15mlサイズはデザイン性に欠けることがあり、その多くがスティック型になります。容器が小さい分、装飾を施す部位が少なく、製造コストも少なくする必要があるからです。

使いやすさと機能的なデザインのバランスが美しいスティック型ですが、装飾がおしゃれな香水が欲しいならやや不満足かも。

15mlサイズを買うのがおすすめのユーザー

  • 香水を持ち運ぶことが多い
  • 香り成分を壊したくない
  • 自分に合う香水なのか試したい

30mlサイズの香水の特徴は?

30mlサイズのメリット

30mlサイズは香水の中で価格・デザイン・容量のバランスが最も良いと考えられます。

人気で一番売れているサイズでもあり、初めての香水に、大好きな人へのプレゼントに購入する方は30mlの香水を選べば失敗はないでしょう。

メーカーも30mlサイズの需要の大きさを見越しているので、デザインはかなり秀逸。香水のデザインが好きな方もぜひ30mlを選びましょう。

30mlサイズのデメリット

30mlサイズの香水のメリット

一方で、使っていくうちに、容器のなかで空気と香水が触れる面積が増えていきます。長く使っていないほど香り成分がどんどん酸化し、久々に使うとき、「香りが薄い」と感じることも…

30mlサイズを買うのがおすすめのユーザー

  • 香水を初めて買う!
  • 可愛いボトルデザインの香水が欲しい
  • 価格・デザイン・性能のバランスを重視する

100mlサイズの香水の特徴は?

100mlサイズのメリット

100mlサイズの香水のメリット

100mlサイズは香水のサイズで最も大きいサイズにあたります。

量と価格のつり合いがお得で、15mlサイズの3〜4倍、30mlサイズの1.5〜2倍の価格だけで手に入ります。「大好きな香りの香水を毎日使いたい!」という方は100mlサイズを選びましょう。

100mlサイズのデメリット

100mlサイズのデメリット

一方で、初期コストが最も高く、香りを良く知っていないと選びにくいです。

15mlサイズ30mlサイズ100mlサイズ
総プッシュ回数約100回約200回約660回
使い切る期間
(1日2プッシュ)
約50日約100日約330日

一日2プッシュ使った場合、100mlは約11ヶ月で使い切れます。毎日使う場合は少ないと思うので、ユーザーの大半は一年以上持っているでしょう。

それから懸念点は香り成分の酸化です。一年間で香り成分の酸化が進み、香りが薄まることも… 100mlを買うなら一年以内に使い切れるようにしましょう。

100mlサイズを買うのがおすすめのユーザー

  • 頻繁に香水を使う
  • 大好きな香水をお得に買いたい

[PR]ボトルサイズに迷ったら“カラリア“!

香水を買う時にこんな悩みがありませんか?

  • 大きいボトルは使い切れるか不安…
  • 「小さいサイズから香水デビューしたい!」
  • 低価格で大好きな香水を集めたい…

そんな悩みがある方には、少量少額で便利な香りの定期便”カラリア”がおすすめ!

  • 月々2,180円からの完全月額制なので、値段の心配はもう不要!
  • ハイブランド~人気ブランドまで約1000種類のラインナップ
  • 会員数は2万人越えの業界最大手だから安心!
  • 初回は約1,000円相当のアトマイザーが付属してさらにお得!

まとめ:ライフスタイルに合わせたボトル選びを

香水のサイズの違いまとめ

今回は香水のサイズ別のメリット・デメリット、それぞれのおすすめユーザーを紹介しました。

15mlサイズがおすすめの方

・香水を持ち運ぶことが多い人

・香り成分を壊さず、本来の深みを愉しみたい人

・自分に合う香水なのか試したい人

30mlサイズがおすすめの方

・価格とデザイン、性能のバランスを重視する人

・香水初心者の人

・香水のかわいいデザインが好きな人

100mlサイズがおすすめの方

・頻繁に香水を使う人

・大好きな香水をお得に買いたい人

サイズ選びはかなり重要なので、自分の生活スタイルに合わせた香水ボトルを購入しましょう♪

スポンサー
スポンサー
スポンサー
モテ男子ズム